インテリアソファの特徴をつかむ

ソファを知る

ソファの概要としては、簡単に説明すると、主にソファ内部の内材を厚く盛り、肌触りの良い厚手の生地を使用して作製された長椅子として捉えてもらっていいでしょう。部屋のインテリアを占める割合の重要性もわかるはずです。上質なソファはインテリアとして重宝されます。

昔から重宝されているソファ

ソファとは古くから、来客や接客用の為に非常に重宝されてきました。
近年ではリビングや家族の団欒となる場所にソファを置き、そこに自然と家族が集まりだして笑いの絶えないなんともいえない幸せな空間に包まれる憩いの場での重要な役割として不動の位置を得ています。

日本中、世界中問わずして今の私達の生活からソファがなくなれば不便極まりありません。
例えば普段は家族がテレビを前にしてソファに腰を掛けて談笑している光景から一点、みながフローリングの冷たい床に座って勢揃いでテレビで見ている光景は現在の暮らしからは想像に乏しいでしょう。

※ 日本は元来から畳文化でもあり、ソファ自体があまり好まない家庭環境もたくさんあります。これはソファの普及率が非常に高い欧米を想定した話です。

>>織物テキスタイル、白樺やパインもみの木のかごなど盛りだくさん・・・北欧雑貨と北欧食器で暖かい雰囲気のおうちにしましょう☆

また会社に来客が来た場合などは当然来客室へ通されるのですが、そこでもソファがないと仮定すると、絨毯の上に背の低いテーブルを置きそこにお茶やコーヒーを置いて絨毯の上に座りながら話をすることになると思うのですが、これまたおかしな光景ですよね。

日々良質な生地や材質を探し、進化や改良を遂げてその座り心地や快適性を極限まで高めたソファ、今の私達にとってはソファはなくてはいけないものにまでなりました。 そして今では、質のいいソファでも、アウトレット家具販売店で気軽に手に入れることが出来ます。

ソファと同じ?椅子

ここで少しだけ余談なのですが、ソファ・デスクチェアに限らずあらゆる用途で使用されている近年の椅子は単に腰を据えて座るだけではなく、座っている時間が比較的長時間になりやすいことから人間工学にも十分に配慮されて作製されている場合が多いとされています。しかし、この人間工学を採用しているソファ・デスクチェア・椅子などは比較的法科になりやすいために一般的なオフィスなどにはまだ全般的には浸透していないとされています。

ちなみに最もオーソドックスとされる、背もたれの付いた丸い座面の回転式のオフィスチャアーが2000円前後で購入できるのに対して、人間工学に基づいた場合の価格は高い物では一椅あたり10万円近くするものまであります。